入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 金属床義歯

入れ歯 金属床義歯

入れ歯 金属床義歯

保険の入れ歯ではよく噛めない、入れ歯が安定しない、痛みがあるという場合には金属床義歯は適当ではないのです。

このような場合には金属床義歯ではなく、シリコーン義歯やインプラント義歯のほうが向いているケースが多くなるのです。

金属床総義歯補綴では、この調整がより大きな問題になる。

上顎床後縁や下顎舌側部等、装着後の調整量が大きくなりやすい部位を金属で作製した場合、その修正が非常に困難だからなのです。

そのため、あらかじめそうした部分をレジンで構成するよう設計する方法もあるようですが、それでは金属床の利点の多くが損なわれてしまうのです。

金属床義歯とは、義歯床が金属で出来ている入れ歯なのです。

義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるようですので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなるのです。

装着後の調整を最小限にとどめるための総義歯の作製方法として、パイロットデンチャーを用いる方法があり、筆者も多くの症例でこれを試み、良好な結果を得てきているのです。

金属床総義歯においては、この方法が一層有効になるが、レジン床義歯によるパイロットデンチャーの形態を正確に完成義歯に写し、かつメタルフレームを最も有効な設計で組み込むためには、技工操作上の様々な工夫が必要になってくるのです。

金属床義歯は値段が高く修理も難しいようですので、まず保険の入れ歯を使ってみて、それで納得がいかない、より良いものにしたいという場合に使用するのが良いと思うのです。

金属床義歯は、曲がらない、ねじれない、という点でレジン床義歯に比べて大きな利点があるのです。

義歯には噛む度に大きな力がかかり、その時の義歯の変形が大きければ大きいほど義歯を支えているお口の中のいろんな組織が予測できない力を受ける事になるのです。

そしてそれが粘膜の炎症、発赤、潰瘍当を招き、支えている歯へのダメージを与える事になるのですただし、金属床義歯は修理が難しく、非常に高価なので、保険の入れ歯ではどうしても満足できないという場合に担当の歯医者さんと相談して適用するかどうかを決めるべきだと思うのです。

金属床義歯自体は強度が強いので割れたり変形したりすることはほとんどないようですが、それでもアゴの骨のほうが溶けて変形してしまうことは避けられないようですので、いずれ作り直さなくてはならなくなるのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |歯科 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |入れ歯 |矯正 岡山 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |岡山 インプラント |予防歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科