入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 金属を使わない方法

金属を使わない方法

金属を使わない方法

顎の骨が痩せていたり、骨の形状が悪い場合には入れ歯で痛みを感じることがあるのです。

ソフトデンチャーは、歯ぐきに接触する面に特殊加工を施しているため、痛みを感じないのです。

また、金具を使用しないため、見た目が自然で綺麗になるのです。個人差があり歯の状態によっては使用できないこともあるのです。

現在、金具式入れ歯を使用の方には概ねご使用出来るのです。食生活により色素が着くことがあるのです。

フィンデンチャーは、後ろの部分と内側の部分が薄く軟らかいシリコンの膜で出来ているため、歯茎にぴったりとくっつくのです。

異物感も少なく、快適なお食事を楽しむことができるのです。

バルプラストはノンメタルクラスプを用いた義歯なのです。

クラスプは部分入れ歯に用いる金属のバネの事で、バルプラストはこの金属バネを使わないで固定する新しいタイプの義歯となっているのです。

ただし、部分入れ歯の方には対応できない場合があるのです。見た目の美しさと快適さが好評なのです。

二重のクラウンを使った留め具のない入れ歯で、クラウンの内側には人工心臓等に用いられる丈夫なソフト樹脂を使っているのです。

今までの義歯材料よりも、軽くて弾力のある素材を使ったバルプラストデンチャーは、見た目にも美しく、新しい感覚の義歯です。

金属を使わず、歯肉に調和するため審美性に優れているのです。また、素材の性質が安定しているため、従来のプラスチックに見られるアレルギーの心配もないのです。

吸水性も格段に低く、樹脂内部まで汚れたり臭いが染み込んだりもせず、不快な口臭を抑えることがで衛生的なのです。

生体用シリコーンの粘弾性が咬合力をアップしてみましょう。

消化粘膜組織及び歯槽骨の保護により、長期にわたる義歯の維持安定を実現するのです。

安定性と耐久性に優れ、長期間の使用が可能となっているのです。生体への高い安全性と信頼性を確保します。

入れ歯、部分入れ歯を製作する歯科医院なのです。

フレキシブル義歯、磁石式入れ歯、チタン義歯は一般的なプラスチックの入れ歯とは異なり変形きわめて少ない精密義歯なのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |入れ歯 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯槽膿漏 歯周病 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |予防歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |インプラント 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |岡山 インプラント |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |矯正 岡山 |歯科 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療