入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> バネを使わない方法

バネを使わない方法

バネを使わない方法

バネが見えるはイヤだしシッカリ噛めて長く使えるものがいいという方にお勧めとなっているのです。

留め金を使わないため、見た目には入れ歯をつけているとは気付かれないのです。

フレキサイト義歯とは、米国で開発されたポリアミド系ナイロンを使った全く新しいタイプの義歯なのです。

従来使っていた金属クラスプ(バネ)を使わず、樹脂の弾力で義歯を維持するのです。

軽くて適合が良いので、痛くないと好評なのです。生体用シリコーンの粘弾性が咬合力をアップするのです。

消化粘膜組織及び歯槽骨の保護により、長期にわたる義歯の維持安定を実現するのです。

バネのない入れ歯とは、ノンクラスプデンチャーのこととなっているのです。

弾力があり、歯茎に近い色の素材でできているようですので、金具を使った入れ歯よりもストレスが軽く、また、入れ歯をしていることに気付かれにくいのが特徴です。

従来の入れ歯は、ピンク色の床・クラスプ・人工歯等で構成されていますが、フレキサイトは、ピンク色の部分を従来のレジンと呼ばれている堅い樹脂ではなく、ポリアミドナイロンという柔軟性のある樹脂を利用しています。

そのため、金属クラスプを使わずに、床で残っている自分の歯を巻き込むような形にし、それにより入れ歯をはずれにくくするという画期的な方法となっているのです。

バネのない入れ歯は、歯茎の色に近いピンク色の素材を使って患者さんのお口に合わせて作るようですので、入れ歯をしていても自然な口元に見えるのです。

一般的な入れ歯は金属のバネで義歯を固定しますので、どうしても表側から金属が見えてしまうのです。安定性と耐久性に優れ、長期間の使用が可能なのです。

生活上のどんなたわみにもフレキシブルに対応させることが出来き、軽く、変色や変形しない、匂いもほとんど無いなど、とてもすばらしい性質の義歯となっているのです。

バネのない入れ歯」は弾性に富んだ新素材でできているようですので、割れたり壊れたりしにくくて丈夫なのです。

また、この弾力性のおかげで入れ歯が歯茎にぴったりフィットするようですので、一般的な入れ歯よりもずれにくく、はずれにくいという利点があるのです。

生体への高い安全性と信頼性を確保するのです。フィットデンチャーは、現在主流のノンクラスプデンチャーより安価に製作でき、また、納期がとても短く、レジン床義歯と同等の納期での納品が可能なのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|審美歯科 ホワイトニング 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|予防歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |インプラント 岡山 |入れ歯 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏 歯周病 |歯科 岡山 |岡山 インプラント |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ