入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 保険と自費の違い

入れ歯 保険と自費の違い

入れ歯 保険と自費の違い

自費の利点は、設計、製作段階で医師と技工士の間の確認が十分にとられ、より優れている入れ歯ができるのです。

製作過程で模型制作などに使われる材料は精度の高いものが使われるので、より適合が良くかみ合わせのしっかりしたものが出来るのです。

通常虫歯治療などは保険治療なので、治療費の多くを国が負担しているのです。

しかしながら、審美性を修復する治療や機能性を回復する治療の場合患者様自身が全額負担する自費治療になっているのです。

人の歯の色は千差万別、様々な種類があるのです。

自費用の人工歯は保険と比べ、色、形とも多数用意されており、より個人にあった自然な入れ歯を作ることが出来るのです。

保険の治療で使える材料は限られており、大量につくらなければならないので、高価な材料は使えないのです。

例えば、保険で使われる金属をみてみるようにしましょう。金銀パラジウム合金、コバルトクロム合金、ニッケルクロム合金といった色々な金属が混じりあったものなのです。

保険診療に関しては国が治療方法や使用材料が決められているのです。

それらの治療が満足できるかどうかは治療を受ける人の判断によるのです。

より機能的な、審美性の高い治療を求める場合、国の定めた基準を超えるので、自己での負担になってくるのです。

人の口の中は食べ物の中に髪の毛が一本混じっていただけでも、それを感じ取るぐらい敏感に出来ているのです。

その為、より薄く出来る金属床は、口の中の違和感を和らげることが出来るのです。

患者様のお口の中の状態・ご希望・経済性をトータル的に考えドクターは治療法を選択するようにしましょう。

例えば、歯を失ってしまった。費用はあまりかけたくないこういった場合、保険の入れ歯を選択すると思います。

しかしながら、よく噛めないや口臭が気になるなどの症状になる可能性がでてくるのです。

自費での入れ歯は、より高い精度、それによる、よりよい装着感を求められるために、多くの手間をかけて製作されているのです。

また、それぞれの過程で使用される材料や道具も自費専用の精度の高いものが使用されているのです。

インプラント治療を行えば、よく噛むことができ、機能的な歯を手にすることができるのです。

保険治療か自費治療かは患者様の望む状態によって変わってくるようですので、十分にドクターに相談してから、治療法を決めるようにしましょう。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯槽膿漏・歯周病 治療 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |矯正 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |入れ歯 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |インプラント 岡山 |予防歯科 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯科 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院