入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 いい入れ歯

入れ歯 いい入れ歯

入れ歯 いい入れ歯

入れ歯を入れている患者さんの中で、人と話したり、笑ったり、食事をしたりする時に、いつも手で口を隠されている方がたくさんいるのです。

日本人の平均的な歯の抜け方は、50代前半から始まり70代前半までの20年間で、上下共ほぼ総入れ歯となって行くようです。

つまり、この20年間に20〜30本の歯が失われて行くのが通常であり、断続的に歯医者通いをし、小さな入れ歯から大きな入れ歯へとなっていくようです。

その方の入れ歯を見ると、見た目にはきちんと並べられた入れ歯なのですが、いかにも入れ歯とわかってしまうようなものが多いのです。

入れ歯はただ食べるだけのものではなく、見た目にも自然で、違和感なく、堂々と笑ったりできるものであるべきなのです。

大事なのが合った入れ歯を装着することときちんと適応させることなのです。

合わない適応していない入れ歯を使い続けることは残っている歯に負担を掛け、抜けて行くスピードを速めて行ってしまうのです。

そして何より、豊かな食生活が損なわれてしまい、全身の健康にとっても良くないのです。最も重要なのが歯並びなのです。

歯並びは特に前歯で審美性が大切ですが、左右の並び方のバランス、前後の出っ張り方、くちびるとの関係など様々な要件がからんできているのです。

そして、これらをうまく調整するのは、もはや入れ歯をつくる職人の手の感覚に頼るしかないと思われているのです。

そのうえ目の前に患者さんがいるということも大切なのです。そのために最も重要なのが歯並びなのです。

歯並びは特に前歯で審美性が大切ですが、左右の並び方のバランス、前後の出っ張り方、くちびるとの関係など様々な要件がからんできるのです。

インプラントという手段もあるのですが、抜けた歯の本数が少ない段階ではそう問題ではないかもしれませんが、抜けた歯の本数が多くなって来た段階ではあまりうまく行っていないケースが多いなと思っていまるのです。

そして、これらをうまく調整するのは、もはや入れ歯をつくる技工士の手の感覚に頼るしかないと思われているのです。

そのうえ目の前に患者さんがいるということも大切なのです。一番の問題は、インプラントが持たなくなって除去したあとです。

インプラントを除去する状況では、インプラントを支えていた歯槽骨もほとんど吸収され無くなっており、その後に普通の入れ歯を作る条件が著しく難しくなってしまうことなのです。

入れ歯が本来あるべき正しい位置にないために、食べものが噛みにくかったり、肩こりや頭痛の種になっていることがよくあるのです。<

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯科 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |歯槽膿漏 歯周病 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |矯正 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |予防歯科 |岡山 インプラント |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科