入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 入れ歯安定剤

入れ歯 入れ歯安定剤

入れ歯 入れ歯安定剤

入れ歯安定剤は入れ歯と顎のクッションやのりの役目の他に、入れ歯を安定させるという役目があるのです。

入れ歯安定剤は総入れ歯に使うもので、部分入れ歯には使用できないのです。

初めて入れ歯を作る方は、どうして入れ歯安定剤が必要なのかがわからないかもしれないと思います。

食事の際に入れ歯安定剤を使用しないと食べれないという患者様がいらっしゃるのですが、入れ歯安定剤を使用すると噛み合わせが高くなってしまうのです。

一時的に痛みがなくなっても使用しなければ痛みが出てしまうので毎日必要になってしまうのです。

総入れ歯は自分の歯が1本もなくなった状態で使う入れ歯で、歯茎や顎で固定するタイプの入れ歯ですから、どうしても安定性に欠けてしまうようです。

そこで使うのが入れ歯安定剤なのです。入れ歯の噛みあわせが高くなってしまうと噛み合わせがくるってしますわけですから、痛みはなかなか無くならわないわけなのです。

入れ歯安定剤は一時的な使用にとどめた方が良いと思います。流れが悪いために、厚さが不均一になりやすく、粘膜が炎症を起こす場合もあるのです。

この様に、入れ歯安定剤は粘着型と密着型で大きく性質が変わり、使い方を誤ると取り返しのつかない事にもなるので、使用されるときは歯科医師に相談されて使用される事をおすすめ出来るのです。

市販の入れ歯安定剤を使用してある入れ歯を、調整してほしいと歯科に持って行くと、嫌がられるのです。

入れ歯安定剤を使うと入れ歯がしっかりと固定されるので、硬いものが食べれるようになるようです。

変わってしまった噛みあわせで食事を行っていますと、歯ぐきがぶよぶよになってしまうのです。

入れ歯を作る際に非常に難しくなるようですので早めにドクターに調整をお願いするようにしましょう。

安定剤の種類と性質をみてみますと、性状から粉末タイプ、クリームタイプ、クッシヨンタイプに分けられているのです。

しかし成分・効用を考えると粘着性の高い物を主成分とした粉末、クリーム状のものを粘着剤、クッションのあるゴム状のものを密着剤と分けて考えた方がわかりやすいのです。

粘着剤は入れ歯とお口の粘膜が粘着することで、密着剤は入れ歯と粘膜とのすき間を埋めて密着させることで入れ歯の維持力を向上させるものなのです。

入れ歯をもう少し安定させたい、痛い、ガタガタしてかみ合わせが合いにくいなどという不具合があったら入れ歯安定剤を使ってみてはどうでしょうか。

入れ歯安定剤を使用しないとご飯も食べれない入れ歯を作ったドクターが悪いのですが、入れ歯安定剤というのは一時的な痛みをとるだけで歯ぐきをダメにしてしまうのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|矯正 岡山 |予防歯科 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |入れ歯 |歯科 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |

カテゴリー

記事一覧

当サイトについて

入れ歯情報館へようこそ!管理者のtakashiです。

管理人紹介

入れ歯にはメリットもデメリットもあるのです。入れ歯にデメリットはないのでしょうか?