入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 超精密入れ歯とは

超精密入れ歯とは

超精密入れ歯とは

超精密義歯は、高度の技術が必要なため、専門家を探して相談することが重要になるのです。

歯科医師と歯科技工士の完全な協力体制と、患者さまの協力があってこそ超精密義歯は制作可能になっているのです。

レジンと言う材料は形を作る時に熱を加えた後冷却するのです。

その際に収縮と言って小さくなる傾向があり、今までの入れ歯作りに誤差を与えていたのです。

一般的に部分入れ歯をいれると、顎提の吸収が進み、残りの歯に大きな負担をかけてしまうのです。

骨を削るなどの外科的な治療も不必要なため、身体に負担を強いることもないのです。

超精密義歯は、総義歯の方はもちろん、歯の残っている方についても製作可能となっているのです。

しかし超精密入れ歯は岡山にも数台しかない超精密重合システムDSシステム等を使っているようですので、ひずみの大変少ないピタッと収まる入れ歯が可能になっているのです。

超精密金属床部分入れ歯は特殊な製作法のため、残っている歯に極力負担がかからないようになっているようですので、咬合力が顎堤全体にしっかりかかるため、顎堤の吸収が最小限に抑えられるのです。

服で言うと仮縫いに当たるロウ義歯の試適が終われば、義歯の完成はもう目の前なのです。

義歯の不安定の原因は、主にプラスチックの不適合と咬み合わせの不調和によるものなのです。

プラスチックは義歯を作る技工作業の中で大きく収縮するため、正確な型を取っても、完全には合わない義歯になってしまうのです。

ロウの部分をレジンというプラスティックに置き換えるのですが、このレジンは固まるときに、収縮するのです。

一般的なやり方では大きく変形してしまう事があり、なかの歯科クリニックでは適合精度を極限まで高めた義歯を製作しているようです 。

最近では、特殊な装置であるアタッチメント、金具の見えない義歯・磁石・OPA・コーヌスクローネなどを使用し、義歯には見えないものを作ることができるようです。

これは従来までの義歯では、体感することのできなかった高いフィット感を持っているのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯科 岡山 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |予防歯科 |矯正 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |入れ歯 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |インプラント 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院