入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 総入れ歯

入れ歯 総入れ歯

入れ歯 総入れ歯

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になるのです。

歯の根が何本か残っている場合に、根に磁石を付けて入れ歯の保持を増したものなのです。

総入れ歯と一口で言っても保険がきく総入れ歯から保険外のものまであるようですので、総入れ歯の種類によってもかかる費用が変わるのです。

総入れ歯は、一部の欠損した歯のための入れ歯である部分入れ歯とは異なり、歯が一本も残っていない場合に使用するものなのです。

総入れ歯の種類には、義歯床がプラスチック、金属、シリコンなどでできているものがあるのです。

特に下顎の総入れ歯の場合、浮き上がりが少なくなり、より良く噛めるようになるのです。

総入れ歯は歯が1本も残っていない場合、もしくは残っている歯を抜歯してから作る入れ歯ですが、保険内の治療ですと材質はプラスチックで作られるのです。

プラスチックでできているものは、保険が適用されるので費用が安くすむのですが、分厚くなりやすいため、しゃべりにくかったり違和感を強く感じたりすることもあるのです。

一方、費用は少し高くなるようですが、金属で作られたものは強度が高いので入れ歯を薄くできるのが特長となっています。

健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかないようですが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあるのです。

通常プラスチックでつくる歯茎にあたる部分を、金属で作った総入れ歯なのです。

保険がきく総入れ歯の場合はプラスチックの入れ歯しか出来ないようですが保険外の場合は金属床義歯、シリコーン義歯など、プラスチック以外の材料で入れ歯を作ることも出来るのです。シリコンを使ったものは、そのやわらかさから、入れ歯が当たって痛いなどの問題がぐっと少なくなるのです。

ただ、シリコンを使用したものは汚れがつきやすいことと費用がかかることに注意するようにしましょう。

プラスチックに比べて金属は歯茎の形をより正確に再現できるため、歯茎との密着度が増して、より噛めるようになるのです。

また入れ歯安定剤なども必要なくなるのです。

保険外の総入れ歯にすると、材料を替えて長持ちさせたり、よりフィット感を高めて話しやすくしたり、自然な歯の感じを出すことが出来たりと、メリットが多くあるのです。

総入れ歯は、普通、口の中の粘膜に密着するように作られるのです。

これに唾液の粘着力を利用して安定を図っているようです。

しかし、下の総入れ歯は上に比べて不安定になりがちなのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |予防歯科 |岡山 インプラント |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯槽膿漏 歯周病 |インプラント 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯科 岡山 |入れ歯 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科