入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 保険適用

入れ歯 保険適用

入れ歯 保険適用

保険には大変細かく厳しい基準があるのです。無造作、無制限に使える財源ではないのです。

入れ歯の場合は、同一診療所では6ヶ月間、同じ症例に対しての作り直しは出来ないことになっているのです。

国民健康保険などの保険を使って総入れ歯を作る場合には、義歯床がプラスチックのものになるのです。

地域によっては、破損や紛失の場合ですら再製作が認められないほど厳しく運用されている様なのです。

どうしても、と言う場合は他の歯医者さんでやってもらうことになるのです。

プラスチックの総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがあるようですが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあるのです。

保険で作製する義歯に比べ厚みをだいぶ薄くすることができ、強度も高いため破折しにくいことが特徴となっているのです。

また、金属を通して温度差を感じることができ、よりおいしく食事をすることができるのです。

これは合法的に可能ですが、それだけ多くの保険財源を使ってしまうことになるのです。

総入れ歯に保険を使うメリットは、なんといっても自費に比べて価格が安い、修理がしやすい、ほとんどの症例で使用することが可能という点となっているのです。

部分入れ歯には様々な種類のものがあるのですが、まずは保険の部分入れ歯を使ってみて、納得がいかなければ他の保険外の入れ歯を検討するというのがお勧めとなっているのです。

入れ歯の場合は、どのような場合でも保険で可能なのです。

バネを使わなかったり、特殊な金属を用いて薄くしたりするのでなければ、最初は保険の入れ歯をお勧め出来るのです。

逆にデメリットは、落ちたり、はずれたりしやすく不安定、自前の歯の約10〜20%しかものを噛む能力がない、また顎の骨がやせてくることによって徐々に合わなくなるため定期的な調整が必要とのことなのです。

総入れ歯の種類には、義歯床がプラスチック以外にも金属床義歯、シリコーン義歯、アタッチメント義歯、インプラント義歯などがあるのです。

入れ歯を上手に使うためには慣れが必要なことと、たとえ保険外の入れ歯と言えども自分の歯と全く同じには噛むことはできないので、最初から保険外の入れ歯を作ってそれに納得が出来なかった場合は、次に打つ手がほぼ無くなってしまうからなのです。

保険で製作できる入れ歯は、使用できる素材や設計が制限されている為、どんなに専門家が「良い入れ歯」を作ろうと思っても、保険内では限界があるのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|インプラント 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |予防歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|矯正 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯科 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |岡山 インプラント |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |歯槽膿漏 歯周病 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |

カテゴリー

記事一覧

当サイトについて

入れ歯情報館へようこそ!管理者のtakashiです。

管理人紹介

入れ歯にはメリットもデメリットもあるのです。入れ歯にデメリットはないのでしょうか?