入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 抜けた歯を放置しない

抜けた歯を放置しない

抜けた歯を放置しない

抜歯自体極力しない方が良いのですが、やむを得ず抜いてしまった場合、必ず早い段階で何らかの処置をしなければいけないのです。

隣の歯は、歯ぐきの空間に倒れ込んでくるようです。そして、かみ合う相手の歯は、その倒れ込んだ歯とかみ合おうとするため、飛び出してくるようです。

歯というのはガッチリ顎に固定されているようですが、あくまで生体の一部で、日に日に変化していくものなのです。

歯列矯正が成り立つのも、歯が移動可能なものなのです。倒れ込んだ歯と、それとかみ合う飛び出た歯なのです。

こうなってしまうと、全体的な歯科矯正をしないと正しい歯並びにはならないのです。

抜歯したまま放っておくと、空いた隙間に向かって歯が倒れてくるようです。

歯並びが悪くなって虫歯や歯周病になりやすくなることもあるようですし、最悪噛み合わせが異常をおこし、全身に症状が出てしまうこともあり得るのです。

歯を失ったり、虫歯で歯が欠けてくると、このように不正咬合を新たに生み出すことになるのです。

正しい噛み合わせを維持するタメには、隣の歯の正しい接触や、上下の歯の噛み合わせのよい状態が必要なのです。

抜けた部分に歯を入れる方法はいくつかあるのです。義歯やブリッジ、インプラントや歯牙移植などとなっているのです。

一般歯科やインプラント科、矯正科などが併設されているクリニックをお勧め出来るのです。もっと恐ろしいのは、歯槽骨吸収なのです。

歯槽骨というのは、歯茎の下にある骨のことで、歯が生えている顎の骨だと思ったら良いと思います。

抜けた歯を放置することをせず、歯科矯正治療になる前に、入れ歯やかぶせもの、インプラントなどの処置で対応しておくことをお勧め出来るのです。

骨というは固くて不動のものに見えるのですが、ちゃんと代謝が働いていて、大腿骨でも二年もあれば細胞が入れ代わっていると言うのです。

骨そしょう症などに見る通り、骨も変わっていくもののです。

一つ可能性としては、親知らずを抜いた歯のところへ移植する方法があるのです。

隣の歯は視診で虫歯があったのではないかと思うのです。

痛みが無いのは虫歯が無いからとは限らないのです。抜けた歯を放置するのは良くないのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |予防歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯科 岡山 |インプラント 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |岡山 インプラント |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |矯正 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |入れ歯 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯槽膿漏 歯周病