入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 入れ歯の構造

入れ歯 入れ歯の構造

入れ歯 入れ歯の構造

人工歯:天然の歯の代わりになるもの患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形が用意されているのです。

失った自分の歯の代わりをするものなのです。材質はセトモノで出来た物とレジンという一種のプラスチックから出来た物とがあるのです。

総入れ歯が全く歯のない人に対して、1本でも歯が残っていれば、部分入れ歯なんなのです。

だから、義歯安定剤も欠損歯数が多いと、使用しても有効だと思うのです。

欠損歯数が少ない場合は、残存歯にクラスプといわれる、維持装置が複数あると思いますから、それを締めてもらったら、安定するのです。

歯肉部ですが、歯茎の代わりになる部分汚れがつきにくく、装着感もいい形態になっているのです。

ご要望にあわせた形態を作ることも可能なのです。

陶歯は非常にきれいなのですが、調整が難しく、咬み合わせるとカチカチ音がするという患者さんの声もあり自分はあまり使わないのです。

人工歯には色とか形とかいくつか種類があるのです。

義歯床は、口の中の粘膜に密着している部分入れ歯が落ちないように固定したり、入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えたりするのです。

金属を使用した場合は、薄く装着感がよいのです。

大体がレジンという材料からできているのです。その一部を金属におきかえてあるのもあるのです。

最近では、その材質がやわらかい物なども開発されてきているのです。

総入れ歯に近いような形であるならば、2〜3日ぐらいまでなら、入れ歯安定剤を使用してみても良いかもしれないのですが、基本的には一度診察してもらうことをお勧め出来るのです。

維持装置は、入れ歯を残っている歯に固定する装置残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来るのです。

種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくくなっているのです。

材質は金属ですが、鋳型に流して作るものと特殊な針金を曲げて作るものとが有るようです。

鋳造鈎は歯に合わせて作るのでピッタリしていいのですが調整が難しいという欠点があるのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |矯正 岡山 |岡山 インプラント |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯科 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |インプラント 岡山 |予防歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏 歯周病 |入れ歯 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック