入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯 入れ歯への不安

入れ歯 入れ歯への不安

入れ歯 入れ歯への不安

患者さんの不安心理がなくなった時が、一番良い入れ歯になるのです。

時間が解決してくれるのですが、そのときその時の処置が適切であれば、必ず心を開いて良い関係になるのです。

問題点が解決しないと、良くない、難しい関係になるのです。総入れ歯を入れるにあたり歯が残っている状態の顎に、入れていた義歯は、部分床義歯というのです。

部分入れ歯の場合、残っている歯の状態がどういう状態であるかによって決まってくる部分が大きいようです。

歯周病が進んでしまった歯については、現在の状態を維持するために3ヶ月おき等、短い間隔で検診が必要となるのです。

抜く予定の歯が残っている状態から入れ歯を作る時には、歯が残っている状態を型どりして、その残った歯と同じ位置に入れ歯の歯を並べていくと事によって、ほぼ同じような口元を再現できるのです。

このような抜く前に入れ歯を作って、抜いてすぐ入れ歯を入れる事によって表情への違和感も少なくなるのです。

入れ歯そのもののすりへりや劣化等については、主に歯の材料がどういうものか等によってくるのです。

まがりなりにも、入れ歯を入れる位置を決める目印の歯がありました。

一進一退をくりかえしながら、良い関係になるよう、ベストを尽くさなければならないのです。

不安がへれば、ファンになる可能性が高まるが、そのきっかけは、患者さんが気がつくことなのです。

使われていたプラスチックの歯に比べて、よりすりへりにくい、硬いプラスチックの歯が近代使われ、すりへりにくい材料が使われるようになってきているのです。

咬み合わせの変化は、患者さん個人では気づきにくいものですので、半年に1度は歯科医院でチェックしてもらうようにしましょう。

ところが今度は自分の歯が一本もないのです。何とも言い得ぬ不安に駆られるのは当然なのです。

それまでに聴こえてきた周囲の声は 食べ物が噛めない。しゃべれない。などなど、不安を駆り立てる言葉ばかりなのです。

患者様が納得できる、よく説明してくれる医院がいいと思います。

また今はホームページを持っていて、医院の考え方やスタッフの顔、料金などをきちんと出しているところの方が安心なのです。

それまでの無くなってきた過程にもよってくるようですが、不安が無いと言えば嘘になるのです。

時には、歯槽膿漏だからと一気に5〜6本の歯を抜いて、一瞬にして総入れ歯の対象になる人もいるのです。

数が多い程、影響が大きい事になるのです。

具体的には、奥歯が1本なくなった場合の入れ歯については表情に影響を与えることは少なく、前歯が6本なくなった場合の入れ歯は表情に影響を与えることが多いようです。

ちなみに前歯は上下とも大歯から大歯まで6本までなのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯科 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |インプラント 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |岡山 インプラント |矯正 岡山 |予防歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |入れ歯 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |審美歯科 ホワイトニング 岡山