入れ歯情報館 >> 入れ歯情報館 >> 入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントの違い

多数の歯を失った場合は、ブリッジによる治療を行うことは出来ないのです。

この様な場合は義歯による治療を選択する以外に、失った部分に歯を取り戻すことは出来ないのです。

入れ歯は、歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯がない場合に行う治療法なのです。

具体的には周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える部分入れ歯、また歯茎の上に乗せる総入れ歯などがあるのです。

部分入れ歯は、両隣の歯に金属のバネを引っ掛けて固定させる義歯なのです。

バネの部分に汚れがたまり、隣の歯が虫歯になりやすく、取り外しての清掃を毎日する必要があるのです。

義歯は歯肉の上に人工の歯を乗せて使うためにどうしても不安定に成ってしまうのです。

また咬む力も十分に発揮することは出来ないのが現実なのです。

義歯による治療の最大の問題は、義歯を安定させるためのクラスプと言われる維持装置が残存した歯に装着される事にあるのです。

インプラントは、歯のない部分に人工の歯根を埋める治療方法となっているのです。

チタン製の人工歯根と骨が結合するので、がたつかず、天然の歯と変わらずに噛む事ができるのです。

バネをかけている歯に負担がかかり、次第にグラついてくる可能性があるのです。

バネをかけている歯がダメになった場合、さらに広げて入れ歯を使うかインプラントかどちらかの治療を行う必要があるのです。

義歯を装着したことによって残存歯は寿命は短くなる傾向があるようです。この事には二つの理由が考えられているのです。

インプラントを用いて治療を行う場合は、失った部位の骨を利用して治療が行われるため,咬む力はインプラントを伝わり骨が負担するめ、残りの歯が負担過重になることがないのです。

インプラントは人工の歯根を埋め込み、顎の骨に固定するのです。骨と固定した後、上ものの歯を設置するのです。

安定感があるようですので、天然の歯とほぼ変わりなく噛む事ができるのです。

両隣の歯を傷つけることなく、失った歯を補うことができるのです。

このため、欠損部位を補う治療術式として高い評価を得ているのです。

しかし、欠損部位の骨の破壊の著しい場合は、事前に骨を増やす手術が必要な場合があり、事前に骨の高さや幅を三次元的に診断する事が必要となるのです。

入れ歯情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|矯正 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯槽膿漏・歯周病 治療 |インプラント 岡山 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |岡山 インプラント |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯科 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |入れ歯 |歯槽膿漏 歯周病 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |予防歯科